おはようございます。

 

当メールマガジン【小規模社長簡単】

発行者の山本です。

 

昨日の「大相撲の慣例」は如何でしたか

 

具体的にはどうしてダメなのか

分かりませんが

 

分からないままの方が奥深さを

感じていいのかもしれませんね

 

まだ見ていないという方はバックナンバーをご覧ください
↓↓↓↓
https://dream.hisi.jp/archives/category/melmag/ml_back

 

さて、今回のお話は

「仕事を早くする3つの原則」についてお話します

 

仕事が早いと言われる人は

手の動きが速い印象がありますね

 

それだから

 

出来る人=猛烈な速さで仕事をする人

 

と考えている人もいることでしょう

 

しかしそれだけでは無いようです

 

仕事の速さには3つの側面があり

 

早い人はそれを身に着けていると言うことです
その3つとは

 

1.早くやる
2.無駄を省く
3.確実にやる

 

だそうです

 

それぞれについて解説しますね

 

1.早くやる

手の動き自体の速さや

マウスを使わないでショートカットで

操作するなど

処理の速さを早くします

 

1回1回は数秒の違いでも

 

マウスに移動する時間が多ければ多いほど

無駄な時間が積み重なって行き

 

結果、遅くなってしまいます

 

それを知っているかいないか

使うか使わないかで

 

どんどん差は開く一方

 

沢山のテクニックがあると

誰でも速さを追求できると言われます

 

2.無駄を省く

 

やらなくてもいい作業をしてしまった時間

 

これこそが無駄な時間です

 

一人の仕事でも誰かとやり取りする場合でも

更に考えることに対しても

 

仕事が早い人は無駄なことをしていません

 

その一方で仕事が遅いと感じる人は

無駄なことに気付いていないと言う事が殆どです

 

どの様な作業が無駄なのかを判断し

その無駄を除去することで仕事が早くなります

 

3.確実にやる

 

確実にやると逆に時間が掛かってしまいそうですが

速さに繋がると言います

 

万が一やったことが間違っていたら

前に戻ってやり直すという無駄な時間が発生します

 

すなわち幾ら早くやっても

間違って前に戻ってやり直すよりは

 

ゆっくり確実にやって行った方が

 

最終的には早くできたと言う事ですね

 

 

如何ですか

 

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました

 

また、次回もお役に立つ情報をお届けできればと思っています

 

お楽しみにしていてください

 

貴方の成功を心より願っています

 

毎朝7時に配信。
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
山本稔のダイエット日報
ケトン体ダイエット&家でのお酒抜きから16日目
体重:66.9kg 骨格筋率:30.8% 体脂肪率:27.7%
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~

【やる気の起こる名言】
●努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのならば、

それはまだ努力と呼べない。

【王貞治】(一本足打法で通算868本の本塁打記録は未だ破られていない。)

 

●私は失敗したことがない。

ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。

【トーマス・エジソン】(生涯およそ1,300もの発明を行った。)

 

●夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし

【吉田松陰】(私塾「松下村塾」で、明治維新の重要な人物を育てた。)

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~
■公式サイト
⇒ https://dream.hisi.jp

■特別電子メール法に基づく表記はこちらです。
⇒ https://dream.hisi.jp/files/tokusyo.png

■アドレス変更はこちらからお願いします。
⇒ https://1lejend.com/stepmail/edit.php?no=xmmsxz

■メルマガ解除はこちらからお願いします。
⇒ https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=ylTcbGluu

■メルマガのバックナンバーはこちらです。
⇒ https://dream.hisi.jp/archives/category/melmag/ml_back