Windows8のマシンにWindows10をクリーンインストールしてほしいという案件がありました。

時にはこんな仕事も請け負います。

というか、最近はこんな仕事が多く舞い込んできます。(*_*;

スクリーンショット2

今年の7月29日までは、Windows10の無償アップグレードサービスを受けられるのですが、これを境にこのサービスはなくなり、Windows10へのアップグレードはマイクロソフトで有料サービスとなります。

 

Windows10は半永久的にサポートされると言うので、この機会を活用しない手はありませんね。

自分はSEのように高給取りで、年収や給料からしたら微々たるものだから、お金を出して買えばいいという方は、そうしてください。

経済の活性化も図れます。

 

Windows8やWindows7からの場合、更新アップグレードなら簡単に出来るのですが、トラブルが起こる可能性があるので、クリーンインストールにしたいと言う方がいます。

 

このクリーンインストールは何故面倒かと言うと、Windows7やWindows8のプロダクトキーとWindows10のプロダクトキーは異なるので、クリーンインストールするには、事前にWindows10のプロダクトキーを手に入れないといけないのです。

iso形式のファイルをダウンロードしただけでは、プロダクトキーは得られません。

どの様にしてプロダクトキーを入手するかと言うと、一度Windows7やwindows8をWindows10に一度更新アップグレードします。

このとき、事前にWindows7やwindows8はプロダクトキーのライセンス認証をしていなくてはいけませんよ。

そして、Windows10へ更新アップグレードした後に、確認するわけですが、Windows2000以前は画面上でプロダクトキーの確認が出来ましたが、それ以降のWindowsでプロダクトキーを確認するには、「Windows Product Key」というビューアーのアプリが必要になります。

ここのサイトを開いたら「Compressed .ZIP File」をダウンロードして解凍し「winproductkey.exe」を実行することで、プロダクトキーを表示することが出来ます。

そして、isoファイルからWindows10 のシステムをDVDやUSBフラッシュメモリに作成しクリーンインストールを実行するわけです。

 

少し、面倒な作業ですし、Windows10のスステムダウンロードやアップグレード作業とインストール作業で相当時間が掛かります。

下手すると、1日では終わらないこともありますね。

もし、貴方が高給取りのSEの給料や年収に比べて、少ない収入で、Windows7やwindows8を使っていて、Windows10 のアップグレードを考えている場合はお早めに決断して実行してください。

残り僅かしかありません。