山本山本

こんにちは、山本です。
今回のお話は、高額な給料・年収を貰うSEの仕事『運用テスト』についてお話します。

運用テストとは、

システム開発やソフトウェア開発の

最終的な段階で、

実際の納品先の業務に沿った、

利用の仕方をして、

仕様書通りに動作するかを、

試すためのテストになります。

 

003

 
このテストによって、

納品を受け付けてもらえるかどうかを、

診断してもらう、

受け入れテストを兼ねている場合もあります。

 

通常の業務で、

システムを利用することになる納品先の

起業の業務を担当する社員が行うので、

実際のデータや業務の手順に

沿ったテストの計画を組立て、

実施します。

 

ある程度の期間を掛けて、

担当者がシステムの操作を

習得する研修も兼ねて

行われることもあります。

 

この運用テストでは、

仕様書通りの機能が、

装備されていることを確認するだけでなく、

 

操作レスポンスや、

処理の性能を測ったり、

 

高負荷に対する反応や耐久状況を見たり、

 

人為的な入力ミスや誤操作、

ハードウェア障害などを、

 

わざと発生させたときの

エラー処理や復旧などの、

手順を確認したりする場合もあります。

 

 

050

 

 

一見、意地悪な感じを受けますが、

何が起こってもおかしくないので、

万が一の時を想定した、

エラー対策のためにも、

必ずやらなければならない試験ですね。

 

如何でしたか。

 

この段階で、

いよいよ納品が出来るかどうか、

判断される材料となります。

 

もし、ここで問題が発生すると、

またフィードバックして、

問題解決のために、

作業が逆戻りとなるケースもあるわけです。

 

高額な給料・年収を貰うSEの仕事は、

まだまだ続きます。

 

003

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

次回もまた、興味深いお話が出来ることを心掛けています。

 

お楽しみにしていてください。

 

 

貴方の成功を心より願っています。