山本山本

こんにちは、山本です。

今回のお話は、日本の選挙権が18歳以上に引き下げられることについて。

110256

 

2016年6月19日(月)に公職選挙法が改訂され、

選挙権が20歳以上から18歳以上に引き下げられますね。

 

高校生でも選挙で一票を投票できるようになります。

 

7月に予定されている、

参議院選挙が最初の投票になります。

 

世界を見ると、

実はほとんどの国は「18歳以上」に選挙権があるそうです。

 

国立国会図書館の調査では、

米国・英国・フランスなどの欧米だけでなく、

約190の国や地域のうち、

90%が「18歳以上」だと言う事です。

 

国会議員の中には、

「日本も国際標準になった」と

喜んでいる人もいるらしい。

133822
若い世代が国のことに関心を持ってもらうことは、

とても重要なことです。

 

将来の日本を背負ってもらう訳なので、

より関心をもって、

政治に対して、

鋭い意見を持ち、

国のためになるような考え方を育んでもらうのは、

とてもいいことだと思いますね。

 

しかし、70年ぶりの選挙権の広がりと言うのは、

いささか驚きな話です。

 

太平洋戦争が終わるまで、

選挙権は男性だけで、

戦後になってから大人が誰でも、

選挙に行けるようになったと言う事です。

 

明治時代は、お金持ちの男性に限られていたとか、

大正時代1925年に、

「25歳以上の男子」となり、

1945年に、

「20歳以上の男女」となったと言う事です。

 

民主義の意識が次第に高まって、

仕組みも変わって行ったと言う事ですね。

 

これからはより一層日本の将来のことを考える、

リーダーが育っていってほしいと思います。

 

そして、経済を良くして、

今よりずっと活気ある日本にしてもらいたい。

346262
今回のお話は、ここまでです。

 

如何でしたか。

 

次回もまた、興味深いお話が出来るように心が得ています。

お楽しみにしていてください。

 

 

 

貴方の成功を心より願っています。