山本山本

こんにちは、山本です。
今回のお話は、決断力を鍛える方法の第二弾です。
『消去法を取り入れる』についてです。

073898

人は、どうしても最善の選択をしようとするものです。

 

しかし、

何が最も良い方法なのかを決めるのは、

土台無理な話だと思いませんか。

 

未来の出来事なのです。

 

その未来の結果を、

今現在でわかるすべもありません。

 

最善の方法の決断を求めようとするあまり、

何時までも、

決断できないことがあります。

 

129250

そんな時は、

消去法を使い、

会社にとって、

「合っている」または「その方向に行きたい」と思えない時、

「これくらいならしょうがない」

「嫌ではない」

と言うところから始めたらいいのです。

 

消去法は、

何が最も大事なことなのか、

優先するべきものは何か、

この様なことを理解するうえで、

役に立つことです。

 

消去法で決める時には、

消した理由や、

残した理由も改めて意識することも必要です。

 

5a62c24d923f1e1712adaf7718ace35c_s

繰り返しているうちに、

自信の望みや傾向が、

はっきりしていきます。

決断できないでいるときは、

案外こういう事も、

はっきりしていなかったりするものです。

 

588621ba531e45353e90416755d2d0f5_s
如何でしたか。

ベストなことより、

ベターを選択して、

決断力を強化していきましょう。

 

そして、高額の給料・年収をもらうのは当然であると、

言い切れるように頑張りましょう。

 

今回のお話は、ここまでです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

また次回、役立つ情報をお届けできるように心がけています。

 

あなたの成功を心より願っています。