山本山本

こんにちは、山本です。
今回のお話は、SEとプログラマーの給料・年収の違いについてお話します。

6bafb62992db6f130c541f4cee50917a_s

SEとは、簡単にいうとプロジェクト責任者で、

プログラマーとは、

コンピュータを動かすためのプログラムを、

コンピュータ言語で作る技術者のことです。

 

プログラムと言っても、

多種多様にあります。

 

分野によって作るものも、

プログラミング言語も、

かなり異なります。

 

●WEB系

主にインターネット上に配信されるホームページやクラウドシステムなどのプログラムです。

●ゲーム

ゲームそのものですが、ゲーム機器のソフトや、スマホのアプリ、オンラインゲームなどです。

●制御系

家電製品などの機械に組み込まれているプログラムです。

●オープン系

異なるOS(UNIX、LINUX、Windows等)の複数のコンピュータを使ってシステムを構築するプログラムです。

●通信系

ネットワーク機器(ルーターやモデム、テレビ会議、IP電話)を使った通信に関連したシステムのプログラムです。

●パッケージソフト

主にパソコンにインストールして、使うソフトのプログラムです。

 

computer-1173446_640

以上のように、プログラマーの仕事と言っても、

多種多様となっています。

 

それぞれ特性があって、

それ相応のスペシャリストが必要なわけですね。

 

プログラマーの仕事自体、

専門技術が必要とされる、

とても高度な職業ですが、

SEと比べると、管理する側と管理される側の違いは相当大きく、

一般的に、プログラマーの給料は、

月に約30万円くらいで、

年収は約400万円くらいです。

005
どうですか?

プログラマーは高度な専門知識を必要としますが、

その割に、給料は平均並みですね。

今回のお話は、ここまでです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

また次回も、興味深いお話になるように、心掛けています。

あなの成功を応援しています。