この記事は157秒で読み終わります。

山本山本

こんにちは、山本です。
今回は、小規模会社の社長の給料や年収についてお話したいと思います。


えっ!

本当に?

と、驚きますよ!

535b6bcbc566a786eba1a672e4660c15_s

中小企業の社長さんと言っても

ピンからキリまでありますから、

かなりの開きがあります。

個人で株をもって経営しているのか、

雇われている社長か、

常任役員なのか、

名目上だけの役員なのか等。

128071

そして、月給や年収にしても、

会社の経営状態によって、

全く異なります。
会社が黒字なのか、赤字なのか。

313606

黒字の会社だとしても

会社の内部留保を重視するか、

あるいは、配当金や役員賞与など、

社外流出に重きを置くのか。
一概に、会社という一括りの言葉では、

表しにくいと言う事ですね。

しかし、そういう中でも、

国税庁が行う民間給与実態統計調査というものがあり、

役員の平均年収のデータが発表されています。

平成25年分ですが、

こんな感じです。

企業規模 役員平均年収
資本金2000万円未満 543万円
資本金2000万円以上5000万円未満 752万円
資本金5000万円1億円未満 1037万円
全体 613万円

国税庁:民間給与実態統計調査 平成25年分

しかし、この調査では、

あくまでも役員のデータであるために、

母数が多く、なおかつ納税時のデータですから、

正確とは言えません。

今では、インターネットで、

様々な情報が得られる時代です。

調べてみると、大凡のデータが分かります。

いろいろなデータを見てみると、

中小企業の場合で平均年収は、

700万円~800万円くらいというところです。

どうですか?

これを知って多いと思いますか?

それとも少ないと思いますか?

人それぞれですが、

月収にすれば、

賞与を約200万円として、

差し引いて50万円くらいでしょうか。

こんなものなんですよ。

会社の全責任を負いながら、

あくせく働いて、

ちょっと考えてしまいますよね。

このくらいだったらネットビジネスでうまくいけば、

簡単に稼げてしまいます。

06

 

今回も、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

また、次回も耳寄りな情報をお届けできるように心掛けていきます。

お楽しみにしていてください。

それでは、あなたの成功を祈っています。