この記事は458秒で読み終わります。

こんにちは

【SE小規模社長簡単】の

山本です。

 

今回は、「深層心理に食い込む

ニューロマーケティング」について

私、【SE小規模社長簡単】の山本が

お届けいたします。

 

 

深層心理に食い込むニューロマーケティング

ニューロマーケティングとは

ニューロマーケティングとは、

脳科学の側面から

消費者の脳の動きを波形で計測し、

心理や行動のプロセスを解明して、

マーケティングに役立てようとする試みです。

 

神経マーケティングとも呼ばれていて、

関連する分野には、

実験経済学の延長でもある、

 

予測や報酬について

研究する神経経済学があります。

 

今までは、

消費者への意思決定プロセスに関しては、

 

アンケート調査を行うなどして、

認識していましたが、

この様な手法では、

 

あくまでも消費者自らが意識した

言葉でのみ表現できる情報でしか、

捉えることができませんでした。

 

 

ですから、

アンケートでいい結果が出たので、

商品を市場に送り出したとしても、

 

全く売れなかったという、

期待外れの結果も

数多くありました。

これは、消費者の感情の変化や

心の動きなど、無意識下での

決定プロセスについて

捉えられなかった結果です。

 

 

そこで、

消費者自身の感情の動きなど、

無意識下レベルでの

意思決定プロセスについて

正確に把握し、

解明できるようにと、

ニューロマーケティングが

注目されています。

 

脳科学を用いた実験で、

アンケートでは判明しなかった

意外な事実が分かる事もあると言います。

例えば、バニラの香りが

「子供の頃の母親に守られていた

心地よさ」を無意識に

思い起こさせ好感度を

上げるということがあります。

 

消費者の以外な決定プロセス

一般的には、

多くのメーカーは

「消費者自身が自らの意思で

商品を選択し購入する」

 

という前提のもとに

市場に対するマーケティングや、

新商品の開発に携わっています。

すなわち、「どの商品よりも

優れた機能性能を有した商品を

開発することで、賢い消費者は、

自然と違いを判断して

選択してくれるようになる。」

 

というような考え方をしがちですが、

実際には、消費者の半数以上は

自分自身何故この商品を選んで

購入したのかわからない、

というのが本音だそうです。

ただ単に消費者は、

「自分自身の意思で購入した」

と思い込んでいるだけだということです。

 

買った理由を話してもらえば、

もっともらしい理由を並べ立てるが、

本当のところは、

大部分の判断は無意識下で

行っているということです。

 

ニューロマーケティングへの警戒感

脳科学自体、遥か昔の戦争で使用され、

洗脳の道具とされていました。

 

サブリミナル広告と言われる、

動画の中にほんの数コマ、

肉眼では認識できないような

コマーシャル映像を入れ込んだり、

 

画像の角度を変えると現れてきたり、

体の一部が隠されていたりする。

このような手法は、

危険な学問であると認識されていました。

 

今でも、

マインドコントロールや洗脳、

自由意志への浸食などの

倫理的な問題に対する懸念があることや、

 

脳に関して未だに

不明確な部分が多く、

安易に結論付けすることは、

出来ないとの課題が

存在しているのは事実です。

 

何時の世の中でも、

新しいことへの期待と不安はつきものです。

賛否両論あるのは避けられません。

 

かといって、

存在する事実は否定できないので、

一刻も早く正しく解明されることを

望むのみです。

 

無意識にアプローチするには消費者の「習慣」になること

消費者の無意識にアプローチするには、

消費者自身の「習慣」になることだと言われます。

 

その最たるものが「ブランド」だそうです。

 

すなわち、

消費者にとって信頼に足り得る

「ブランド」にさえなってしまえば、

その都度、

いちいち判断されるということもなく

「習慣」でリピーターとなり、

購入してもらえるということです。

 

そして、消費者に好んでもらえて

「習慣」になるための広告手法として、

繰り返し、シンプルに

意味のあるメッセージを発信すること。

 

この時に便利なツールとして、

ソーシャルメディアが役に立ちます。

 

 

SNSで消費者同士が会話し、

あらゆる商品やサービスの話題が

自然に行われていて、

無意識に今までとは異なる

ブランドに接する機会が増しています。

 

 

これらの積み重ねが

「ブランディング」につながり、

消費者の純粋に思い起こさせる

確立を高め、

 

「習慣」となるだろうと

期待されています。

 

 

如何ですか、

 

 

今回は、「深層心理に食い込む

ニューロマーケティング」について

【SE小規模社長簡単】の山本が

お届けいたしました。

 

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

貴方の成功を心から願っています。