こんにちは

【SE小規模社長簡単】の山本です。

 

今回は、

「最強手法インバウンドマーケティング」

について、私、【SE小規模社長簡単】の

山本がお届けいたします。

 

最強手法インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは

今までのマーケティングは、

企業や商店のような販売者が

消費者に対して、

 

強制的に押し付けるように、

ダイレクトメールやマスメディア広告、

テレマーケティングなどの

手法を使って宣伝し、

見込み客を集客していました。

 

この様なマーケティング手法のことを、

アウトバウンド(外側に向かう)型

マーケティングと言います。

 

 

現代では、

あまりにも情報があふれている状態であり、

消費者としては、

押し付け的な売り込みには

うんざりしている傾向にあると言えます。

 

高じては、企業の宣伝広告を毛嫌いして、

排除しようとまでしています。

この様な状況で、

新たに取り入れられている

マーケティングの手法が、

 

インバウンド(内側に向かう)型

マーケティングと言います。

 

 

簡単に説明すると、

有益な情報をブログや動画などで公開し、

ソーシャルメディア(SNS)を使って、

情報を共有し拡散することで、

見込み客の目に留まるようにする手法のことです。

 

 

このインバウンドマーケティングは、

2006年にアメリカのマーケティング会社である、

Hubspot(ハブスポット)が提唱し始めました。

 

 

結構古くから、提唱されていますが、

日本では、ここ数年くらい前から、

盛んに取り入れられるようになってきました。

 

最近耳にする言葉ではないでしょうか。

 

アウトバウンドだけではダメ

従来のアウトバウンドマーケティングも

決して悪いわけではありません。

 

ダイレクトメールやテレマーケティング、

マスメディア広告やバナー広告など、

未だに、効果はあります。

 

しかし、消費者の購買行動モデルでも

お話ししたと思いますが、

インターネットが普及したことで、

情報量が膨大になり、一方的な宣伝広告では、

成果が上がらなくなってきているのも事実です。

 

貴方自身、

テレビのCMやダイレクトメールなど、

しつこく押し付けられた宣伝は、

うんざりしていませんか?

 

それよりも、知りたい情報を調べているうちに、

関連する商品を見つけたり、

その情報を発信している企業が

販売している商品に目が留まり、

 

欲しくなったり、

購入に至るということがありませんか?

 

すなわち、興味のない情報は、

拒絶されてしまっているということです。

 

以前に掲載した記事で、

カクテルパーティー効果で反応率を上げよう

でも紹介しましたが、

このカクテルパーティー効果も

要因になっていると言えますね。

 

興味のないものはまったく目に留まらない、

ということです。

 

だからと言って、

すべての人が拒絶するということではありません。

効果が低くなっているのは事実です。

 

ですから、

インバウンドマーケティングを

併用することが必要だということです。

 

何故インバウンドマーケティングなのか

繰り返しになりますが、

環境の変化と消費行動の変化が

大きな要因となっていることはわかりました。

 

インターネットに接続できる

スマホやiPhone、タブレットなどの普及により、

誰でも簡単に情報を入手できるようになったことで、

すぐに調べるようになりました。

また、口コミやレビューの情報を知ることで、

販売者の思い通りに

行かなくなってきたということです。

 

クチコミやレビューで書き込んでいる内容は、

あくまで個人的な意見だと思いますが、

良いことも悪いことも自由に書き込めて、

だれでも閲覧できてしまいます。

 

情報が氾濫している状態で、

販売者側にとっては

マーケティングし辛い

世の中になってきたということです。

 

 

この様な背景もあり、

従来の押し付け的なマーケティング手法では

消費者に情報を届けることが、

困難になってきています。

 

そこで今、最も最強だと言われるのが、

インバウンドマーケティングの手法です。

 

インバウンドマーケティングのプロセス

インバウンドマーケティングが

注目されている理由が分かったところで、

 

実際の効果的な手法のプロセスをお話しします。

 

①ユーザーの目に留める

有益な情報を発信する

サイトや動画などを充実させ、

ユーザーの興味を引く内容を提供します。

そして、ソーシャルメディア(SNS)を

駆使して、情報を共有し拡散します。

 

そして、どの様な問題や悩みを持っているか、

氏名・年齢・性別・住所・職業・家族・所得など、

より具体的に、

ユーザーの属性を整理していくことをします。

この整理された情報のことを一般的には、

ペルソナと言っています。

 

②見込み客化する

このプロセスでは、

商品の広告や説明などは一切してはいけません。

 

拒絶されてしまいます。

 

何をするかというと、

整理されたペルソナをもとに、

求める情報は何かを考えます。

 

あらゆるデータから、

導き出すわけですが、

検索キーワードや閲覧情報など、

興味のある対象を見極めるために、

検討します。

 

そして、

発信するコンテンツを見直し、整理します。
コンテンツがユーザーのニーズに合えば、

興味を持ってもらえて、

相談もされることでしょう。

無料レポートや、

無料音声相談、無料セミナー、

ステップメールなどサイトに埋め込み

メールアドレスを登録してもらいます。

 

③顧客化する

発信するコンテンツの属性が整理出来たら、

それに関する有益な情報を、

提供していきます。

 

そして、

ある程度、顧客との関係が密になってきたら、

頃合いを見計らって、

製品を販売するアクションを起こします。

上記までのプロセスを経由した

顧客に対するセールスは、

高確率で成約に結び付きます。

インバウンドの特徴でもありますが、

コンテンツ訪問者を顧客にするだけでなく、

その顧客自身が、クチコミなどで、

製品を宣伝してもらえるという可能性も含んでいます。

 

 

製品に満足した顧客は、

ソーシャルメディアで独自にクチコミ・レビューという形で、

プロモーションをしてくれます。

 

 

ここでも情報が拡散し、宣伝効果が期待できます。

 

④リピーターにする

購買後に顧客を更に満足させ

ファンになってもらい、

リピーターにします。

 

支払いが完了し、

商品を渡した(または、サービスを完了した)からと言って、

その人のことを忘れてしまってはいけません。

 

インバウンドマーケッターとしては、

引き続き継続して、ユーザーを納得させ、

満足させるように、信頼してもらい、

アップセルを目指すことです。

 

 

 

 

如何でしたか、

 

今回は、「最強手法インバウンドマーケティング」

について【SE小規模社長簡単】の山本が

お届けいたしました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心から願っています。