こんにちは。

【SE小規模社長簡単】の

山本です。

 

今回は、「エックスサーバーで

FTPソフトWinSCPを使う」について、

私、【SE小規模社長簡単】の山本が

お話しいたします。

 

エックスサーバーでFTPソフトWinSCPを使う

FTPソフトとは

FTPとは、

File Transfer Protocolの略で、

日本語では「ファイル転送ポロトコル」

と言います。

インターネット上でパソコンから、

遠隔地にあるサーバーに

ファイルをアップロードしたり

ダウンロードしたりする

操作のできる仕組みです。

一般的なインターネットユーザーが、

FTPを必要とするのは、

独自サイト(ブログ、ホームページ等)

を作ろうとしたときですね。

 

今では、レンタルサーバーの機能が

充実していますので、

 

ボタン操作で、

サイトの構築も可能になってきましたが、

 

どうしても、

FTPソフトを使わなくては

できないことも出てきます。

 

内部のシステムファイルを

書き換えなくてはならなくなったり、

 

PDFファイルをまとめて

アップロードしなくてはならなくなったり、

 

バックアップファイルを

ダウンロードしたりアップロードしたりと、

 

様々な場面で必要に迫られることもあります。

 

必要になったときでも構いませんが、

いざという時に慌てることのないように、

知っておくだけでも役に立ちますよ。

 

代表的なFTPソフト

代表的な無料のFTPソフトとして

WinSCP、FFFTP、FileZillaが有名です。
それぞれ、一長一短ありますので、説明します。

 

WinSCP

FTPS接続から始まって、

SSHの暗号化ファイル転送方式の

SFTP接続やSCP接続にも対応しています。

マスターパスワードにも対応。

 

※マスターパスワードとは、

保存したパスワードを保護するために

ログイン時にはマスターパスワードを

入力しないと復号できない仕組みになっています。

 

ですので、

保存したパスワードが盗まれにくくなります。

 

FileZilla

マスターパスワードの機能がないので、

ログイン情報を盗まれる可能性が高くなります。

しかし、

パスワードを保存せずに、

ログイン時に毎回パスワードを

入力するようにすれば、問題はありません。

 

FTPS接続やSFTP接続に対応しています。
また、大量のファイル転送にも向いています。

 

FFFTP

開発は終了していますが、

有志の方々により改版されています。

開発終了時点では、

FTP接続のみ対応していましたが、

改版されて、FTPS接続に対応しています。

 

マスターパスワードの機能もあります。

 

 

どのソフトにも得手不得手はありますが、

基本的な機能には差はありません。

 

ですから、個人で使用するなら、

安定したWinSCPで構わないと思います。

 

私も、FTPソフトはWinSCPを常用しています。

 

もちろん、

貴方の好みで使い分けて構いませんので、

ご自由に好きなソフトをお使いください。

 

ここでは、

お勧めしたWinSCPについて解説いたします。

 

WinSCPのダウンロード

 

検索エンジンで検索キーに

「WinSCP ダウンロード」と入力し検索します。

 

本家のサイトが表示されますので、

クリックします。

 

 

「WinSCPの取得とインストール」を

クリックします。

 

 

 

 

 

「WinSCP download page」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

ダウンロードが開始されますので、

終了したら、クリックします。

 

 

 

 

WinSCPのインストール

 

インストール画面が表示されます。

使用許諾契約書をざっと読み、

「許諾(A)>」ボタンを押します。

 

 

 

 

セットアップ形式はデフォルトで構いませんので、

「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

 

ユーザ初期設定もデフォルトで構いませんので、

「次へ(N)>」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

「インストール準備完了」画面が表示されたら、

「インストール(I)」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

インストールの進捗を表す、プログレスバーが

表示され、左端まで緑のバーが来れば完了です。

 

 

 

 

 

 

セットアップ完了の画面が表示されたら、

「完了(F)」をクリックして終了です。

 

チェックボックスをデフォルトのままクリックすると、自動でWinSCPが起動します。

 

 

WinSCP接続設定

自動でWinSCPが起動します。

この時に、必要となる情報は

エックスサーバーに契約したときの、

 

サーバーアカウント設定完了メールです。

件名は

「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」

となっているものです。

 

そのメールの中に「サーバーアカウント情報」

の項目がありますので、それをもとに、

WinSCPの接続設定をします。

 

①転送プロトコル

「FTP」を選択します。

②ホスト名

メールに記述されている

「FTPホスト」を指定します。

③ユーザ名

メールに記述されている

「FTPユーザー名」を指定します。

 

④パスワード

メールに記述されている

「FTPパスワード」を指定します。

 

設定が完了したら、

「保存(S)」をクリックします。

 

 

 

 

 

パスワードを保存する場合は、

チェックボックスをクリックして、

チェックすれば、保存されます。

「OK」をクリックします。

 

 

FTP接続実行

保存したら、「ログイン」をクリックすると、

サーバーに接続完了します。

 

 

 

 

 

接続処理状況のウインドウが表示され、

表示しているウインドウが閉じたら

接続処理の完了です。

 

 

 

 

初期ドメイン名と

独自ドメインを取得していれば、

そのドメイン名のフォルダーが表示され、

更に、sslのフォルダーが表示されるはずです。

 

 

接続出来たら、ファイル操作ができるようになります。

 

Windowsに標準で組み込まれている

ファイル操作ソフトのエクスプローラーを

使うのと同じで、コピー&ペーストで

 

ファイルのアップロードもでき、

ファイルの属性を変更することも可能です。

 

如何でしたか、

 

今回は、「エックスサーバーで

FTPソフトWinSCPを使う」について

【SE小規模社長簡単】の山本が

お届けいたしました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心から願っています。