こんにちは、

【SE小規模社長給料年収】の

山本です。

今回は、「パスワード一括管理で

安心LastPass」について

私、【SE小規模社長給料年収】の山本が、

お話しいたします。

 

パスワード一括管理で安心LastPass

パスワード一括管理

インターネットを利用していると、

ログインIDとパスワードを設定することがあります。

 

ショッピングやネットバンキングは勿論のこと、

最近では、SNSのツイッターやフェースブック

インスタグラムやら、はてなブックマーク、

 

あるいは、グループチャットなど、

インターネットを使えば使うほど、

増えていくと思います。

 

しかし、最近では、

IDやパスワードを統一で

使いまわしをしていると、

 

ハッキングに合う危険が指摘されています。

 

あなたは、同じIDやパスワードを

複数のサイトで使用していたりしませんか?

それはハッカーの思うつぼです。

 

だけど、サイトごとに異なるIDや

パスワードを設定するとなると、

今度は、管理が大変ですね。

いちいち、サイトに対応するID・パスワードを

記録して、保存しておかなければならないし、

 

ログインするときには、

保存したID・パスワードのファイルを

その都度、開いて確認してから、

入力しないといけないという、

 

非常に面倒なステップが加わることになります。

 

 

そこで登場するのが、

パスワード一括管理ソフトというわけです。

 

最近のパスワード管理ソフトは、

無料のものでも、多くの機能がつかえて、

セキュリティも万全です。

 

無料では不安だという方は、

有料のサービスに

バージョンアップすることもできます。

 

 

しかし、使い方次第で無料のものでも

十分なので、あえて有料版に

切り替える必要もないと言えます。

 

兎に角、ハッカーや

ハッキングウイルスなどの脅威から守るためにも、

便利で安心なパスワード一括管理は

必須条件ですね。

 

パスワード一括管理ソフトのLastPass

私がおすすめするソフトは、

LastPassです。

 

利点を挙げると、以下の通りです。

 

複数のサイトのパスワードを一括管理

マスターパスワードだけ覚えておけば、

クラウドで管理できるので、

複数のサイトのID・パスワードが

管理できます。

 

パスワードを忘れて、

問い合わせるなんてことは、

必要なくなりますよ。

 

複雑なパスワードを自動生成することが可能

覚えやすいように単純な

パスワードにすることも必要なくなります。

 

複雑なパスワードを自動で生成してくれるので、

ハッカーに推測されることもないですね。

 

複数の異なる種類の端末で利用できる

パソコンは勿論、スマホやタブレット、

iPhoneでもアプリが開発されているので、

他の端末でも同じように一括管理できます。

 

パソコンで登録したものを、

スマホで利用することも

また、その逆で、スマホで登録したものを、

パソコンで利用することもできます。

 

ただし、スマホなどのアプリは、

使い勝手はいいのですが、

有料になってしまうようです。

 

なので、無料で使う場合には、

ブラウザからLastPassにログインして、

パスワードを参照するような方法になります。

 

この辺は、LastPass自身、

収益業者なので、致し方ありません。(*_*;

 

Windows以外のOSにも対応

Windows、iOS、Linux、

モバイルなどのOSに対応しています。

 

Linuxにも対応しているのは、

少し驚きですね。

 

多くのブラウザに対応

Edge、IE、Google Chrome、Firefox、Opera、

などのブラウザに対応しています。

 

これだけの機能が備わっていて、

無料で使えるのは、

うれしい限りです。

 

 

LastPassのインストール方法

Google Chromeのプラグインを

インストールする方法で、説明します。

 

プラグインをインストールするときに、

LastPassのサイトにユーザー登録しますので、

 

スマホやタブレットなど、他の端末から、

利用するときは、アプリをインストールして、

登録時のメールアドレスと、

マスターパスワードを入力し、

利用できます。

 

Google Chromeのプラグインをインストール

Chromeを開き、

設定ボタンをクリックします。

 

設定画面が表示されたら、

「拡張機能」をクリックします。

 

「拡張機能」の画面が表示されたら、

一番下までスクロールし、

「他の拡張機能を見る」のリンクを

クリックします。

 

「Googleウェブストア」が表示されますので、

検索窓に「lastpass」と入力し検索すると、

一番上にLastPassが表示されますので、

「+Chromeに追加」ボタンをクリックします。

 

『「LastPass: Free Password Manager」を

追加しますか?』という

ウィンドウが表示されますので、

「拡張機能を追加」ボタンを押します。

 

LastPassのアカウント作成画面が

表示されますので、

メールアドレスを入力し、

「I agree ・・・」にチェック☑を入れ、

「アカウントを作成」ボタンをクリックします。

 

管理画面が表示されれば、

インストールは完了です。

 

ここで、セキュリティを強化するために、

日本以外からのログインを許可しない設定をします。

もし、海外からログインする場合は、

その国を選択するようにします。

 

左のメニュー「アカウント設定」をクリックします。

 

 

「アカウント設定」画面が表示されたら、

「Show Advanced Settings」ボタンを

クリックします。

 

追加表示された項目が現れます。

下にスクロールしていくと、

 

「選択した国からのログインのみ許可する:」

の項目にチェック☑を入れると、

国名が表示され、選択可能になります。

 

「日本」にチェック☑し、

もし、他の国でログインしたいときは、

その国にチェック☑します。

 

 

LastPassの使い方

 

パスワードを保存する

Google ChromeでLastPassのプラグインが

有効になっているとき、

 

どこかのサイトのログイン画面で

IDとパスワードを入力し、ログインします。

すると、上方に黄緑のメッセージが現れます。

ここで、「サイトを保存」のボタンを

クリックすれば保存ができます。

 

保存したパスワードを入力

Chromeでパスワードを自動に

入力されているかもしれませんが、

 

LastPassに保存してあるパスワードを、

呼び出して入力することもできます。

 

パスワードの入力欄で右クリックし、

メニューから「LastPass」をクリック、

「自動記入」をクリックして、

表示された該当するサイトを

クリックして、パスワードを自動入力します。

 

スマホやタブレットの場合

スマホやタブレットの場合は、

アプリをダウンロードして、

インストールすることで、

パスワードの確認ができます。

 

先にも述べていますが、

スマホなどのアプリは有料になります。

 

無料で使いたいのであれば、

ブラウザからLastPassにログインして、

操作するしかありませんね。

 

如何でしたか、

 

今回は、「パスワード一括管理で安心LastPass」について

【SE小規模社長給料年収】の山本が、

お届けいたしました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

貴方の成功を心より願っています。