こんにちは、

【SE小規模社長給料年収】の

山本です。

今回は、「エックスサーバー

で簡単WordPressインストール」について、

私、【SE小規模社長給料年収】の山本が、

お話しします。

 

エックスサーバーで簡単WordPressインストール

WordPressとは

CMS(コンテンツ・マネージメント・システムの略)とは、

インターネットに接続されている

パソコンから、アカウントとパスワードを

指定することで、

 

自由にサイトの内容を変更できる

システムのことで、

 

この様なシステムは、数多くありますが、

その中でもWordPressは

 

群を抜いて世界的に圧倒的な

シェアを誇っています。

 

何故、このようにシェアを伸ばしたかといえば、

以下のようなメリットがあげられます。

 

 オープンソースなので誰でも無料で使える

 多くのプラグインが開発されている

 専門知識がなくてもサイトを作成できる

 ユーザーが多いのでトラブルを解決しやすい

 テーマを使って、デザインが自由に変えられる

 

以上のような利点があります。

 

デメリットもありますよ。

 管理画面の専門用語が分かりづらい

 運営コストがかかる

 インストール作業が必要

 

専門用語に関しては、使っていれば

自然と覚えますので、使い込んでください。

 

運用コストに関しては、月々1000円程度は

掛かりますが、

ほんの僅かな経費でインターネット上に

お店が出せてしまうので、

 

実店舗を構えることを考えたら、

お小遣いの中でまかなえてしまう金額です。

 

そして、インストールですが、

エックスサーバー

のサーバーパネルにある

自動インストールを利用することで、

簡単にインストールができてしまいます。

 

では、前置きはこのくらいにして、

エックスサーバー

で、WordPressの

インストール方法をご紹介いたします。

 

 

DNSがインターネットに浸透しているか

 

DNS(ドメインネームサーバー、

ホームページの住所)が

インターネット上に浸透したかどうかの

確認をします。

 

取得したドメイン名のURLを

ブラウザのアドレス欄に入力し

エンターを押します。

 

 

上記の画面が表示されたら、

インターネット上に

DNS(ドメインネームサーバー)が

浸透したことになります。

 

WordPressのインストール

最初に、サーバーパネルを開くため、

エックスサーバー

から最初に送られたメールで

「サーバーアカウント

設定完了のお知らせ(使用期間)」を

開きます。

 

その中の「サーバーアカウント情報」の

サーバーパネルログイン画面を開き、

IDとパスワードを入力し、ログインします。

 

サーバーパネルが表示されたら、

下にスクロールすると、

「自動インストール」の項目があるので、

それをクリックします。

 

ドメイン選択画面が表示されるので、

取得したドメイン名の横にある

「選択する」のリンクをクリックします。

 

「自動インストール」の画面が表示されたら、

「プログラムのインストール」タブをクリックします。

 

インストール可能なプログラムが

一覧表示され、WordPressが

一番上に表示されていると思いますので、

そこの「インストール設定」ボタンをクリックします。

 

設定項目が表示されますので、

各項目に入力します。

 

①インストールURL

取得したドメイン名を選択します。

後ろの欄には通常ドメイン名を

設定しますが、

ドメイン直下にインストールする場合は、

特に入力しません。

 

②ブログ名

ブログ(サイト)の名称を入力します。

後からでも変更できますので、

適当な名称を指定してください。

 

③ユーザ名

WordPressにログインするときに

管理者ユーザ名を指定します。

人気の英数字を半角で入力してください。

 

以前は通常管理者権限で「admin」と

指定することが多かったのですが、

セキュリティ上危険なので、

使わない方が賢明です。

 

また、ドメイン名を入力する人もいますが、

それは最も危険なので、

他の文字列にしてください。

 

④パスワード

WordPressにログインするときの

パスワードを指定します。

 

英数字といくつかの記号を指定できますので、

予測されにくいパスワードにしてください。

 

パスワード自動生成して、

予測されにくいパスワードにすると

いいかもしれません。

 

また、パスワード一括管理のLastPassという

Googleのプラグインを利用することも

お薦めですね。

 

⑤メールアドレス

通常使っているメールアドレスを指定します。

パスワードを忘れた場合に

使ったりします。

取得したドメインでメールアカウントを取得して、

後で、指定しても構いません。

 

⑥データベース

「作成済みのデータベースを利用」は

既にデータベースを作成してある場合です。

初めてデータベースを作成する場合は、

「自動でデータベースを生成する」を

選択してください。

 

⑦インストール(確認)

全ての必要項目に入力が済んだら、

「インストール(確認)」ボタンを

押してください。

 

確認画面が表示されたら、

問題ないことを確認し、

「インストール(確定)」ボタンを押します。

インストールが完了したら、

URLリンクをクリックして、

WordPressのログイン画面を表示します。

 

ログイン画面が表示されたら、

ユーザIDとパスワードを入力し、

「ログイン」ボタンを押します。

 

WordPressの「ダッシュボード」が

表示されます。

 

以上で、インストールは終了です。

 

如何でしたでしょうか。

 

今回は、「エックスサーバー

で簡単WordPressインストール」について

 

【SE小規模社長給料年収】の山本が、

お届けいたしました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。