こんにちは、

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「カクテルパーティー効果で

反応率を上げよう」について

 

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本が、お話しします。

 

カクテルパーティー効果で反応率を上げよう

カクテルパーティー効果とは

カクテルパーティーとは

海外で、セレブの仲間同士や、

会社などの集まりで、

 

何かにつけて行われる、

立食パーティーのことです。

party_formal_rissyoku

このカクテルパーティーの様に、

大勢の人がそれぞれ雑談などをして、

 

いろいろなノイズが存在するとしても、

自分が興味を持って注意して

話している相手の会話や、

 

自分の名前が呼ばれた場合、

知っている人の声など、

ちゃんと聞き取ることができます。

mimi_sumasu_man

人は、自然と音を処理して、

必要な情報だけを再構築していると

言われています。

 

この機能は発する音源の位置や、

音源毎に異なる音の基本周波数の

差があることで、達成されると言われています。

 

ですから、その逆に、音源位置の差や、

音源毎の基本周波数の差をなくした状態で、

複数の人の音声を同時に発すると

聞き取ることが非常に難しくなってしまいます。

 

また、それとは別に、

人は、トップ・ダウンな情報も併用して、

聞き出すということもしています。

 

聞きたい人の声の特徴や、

その人が話すだろう会話の内容や

口癖などについて、

 

実際にその音声が間違いなく

存在しているというボトム・アップな

前提がないような場合でも、

聞こえたつもりに感じることがあります。

 

また、実際のカクテルパーティーの

ような状況では、話し手を視覚的に

確認することができるので、

 

その人の口の動きなどから、

得られる情報も併せて、

聞こえることを補正している可能性も

あると言えます。

 

このことは、聞き取れない音でも、

補正したり、また、聞こえた音のなかでも、

都合の良い音が、頭に伝達されると

言われています。

 

 

さらにオーケストラなどの音楽においても

music_orchestra

複数の楽器がそれぞれ別のメロディを

演奏しているときでも、

特定の楽器のメロディだけを聞くことができます。

 

これもカクテルパーティ効果です。

 

病院の会計をするのに、

受付が呼ぶのを待っているときです。

 

うとうとしていても、何かに集中していたとしても、

自分の名前を呼ばれると、

ちゃんと聞き取って、返事をしていませんか?

 

沢山の人が話していたり、

雑音が多い中、同時に別々の事務員が

他の人の名前を呼んだりしていても、

 

ちゃんと聞き取れていることに

不思議に思ったことありませんか?

 

これがカクテルパーティー効果です。

 

 

同じように、日本では古くから

地獄耳という言葉がありますね。

mimi_sumasu_woman2

小さな声で話している噂話だとしても、

その人の耳に入って、大慌てするなんてこと。

 

これも人が情報を再構築する機能で、

カクテルパーティー効果です。

 

小さな声だとしても人の噂は

しない方がいいですね。

 

コピーライティングへの応用

このカクテルパーティー効果は、

コピーライティングや広告、

ダイレクトレスポンスマーケティング全般に

応用できます。

 

読み手の注意を引いて反応を高める

以下の3つについて注意して書きます。

 

 相手のことを表現する

具体的には、メルマガなどを発行するときに、

相手の名前を呼びかける。

%e2%97%8f%e2%97%8f%e3%81%95%e3%82%93

 相手の持っている悩みのキーワードを埋め込む

自由になりたい、収入を上げたい、

反応をよくしたい、

地獄のような生活から抜け出したいなど。

%e8%87%aa%e7%94%b1%e3%81%aa%e7%94%9f%e6%b4%bb

 悩みの解決法歩を(ベネフィット)を語る

その問題を解決するためには、

絶好の商材、

%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%ab%e8%a7%a3%e6%b1%ba

DRMの商材を売り込むときの例

ダイレクトレスポンスマーケティングの商材を

売り込むときの作成例を以下に記述します。

 

 ダイレクトレスポンスマーケティングの

重要性に気付いている貴方へ

 

 より反応の良いマーケティングを

目指そうと思いませんか?

 

 この一冊さえあれば、

その悩みなど簡単に解決できます。

 

と、こんな感じです。

 

読み手の反応を高める原則

読み手の反応を高めるための

3つの原則が以下の通りです。

 ターゲットを特定したコピー

 

 ターゲットの悩みを明確にするコピー

 

 その悩みを解決する方法の

提案をするコピー

 

以上の原則を意識して

読み手の心に刺さるキーワードを

盛り込んで、ライティングすると

反応率も上がりますよ。

 

 

自分自身に使う場合

 

自分に必要な情報を仕入れたいというとき、

自分自身にカクテルパーティー効果を

適応します。

 

 関心のあることにアンテナを張る

businesswoman2_kangaechu

 目的を持った学習をする

study_daigakusei_man

自分の考えや目的に集中することで、

身の回りの情報を効果的に無理せず

手に入れることができるようになります。

 

必要だと思う情報を必死になって

探そうとすることもいいのですが、

 

自分の目的さえしっかりと

わかっているのであれば、

 

情報は自然と入ってくるものなんですよ。

 

如何でしたか、

 

今回は、「カクテルパーティー効果で

反応率を上げよう」について

 

【SE小規模社長給料年収】の山本が、

お話ししました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。