この記事は621秒で読み終わります。

こんにちは、

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「メラビアンの法則で言外の意を知ろう」について

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お話しします。

 

メラビアンの法則で言外の意を知ろう

メラビアンの法則とは

1971年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の

心理学名誉教授のアルバート・メラビアンが

著書「Silent messages(邦題:非言語コミュニケーション)」

の中で提唱している法則です。

 

相手に与える影響としては、

発せられるメッセージよりも、

 

その際の表情や、口調の方が、

強い影響力を持つというものです。

 

ただし、注意していただきたいのは、

本来の「メラビアンの法則」とは

かけ離れて、誤解された解釈に

なっているケースも多いということです。

 

人とのコミュニケーションに関して、

話し手の、感情や態度について、

 

矛盾したメッセージ

伝えられた時の聞き手の

受け止め方について、

 

人の行動が他人にどの様に

影響を及ぼすかということを

研究したものです。

 

 

この研究の結果、

話の内容などの言語の情報が7%、

口調や話の速さ強弱などの

聴覚の情報が38%、

 

見た目などの視覚情報が

55%の割合だあったということです。

 

%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%b3

繰り返しますが、

この結果は、あくまでも、

話し手の、感情や態度について、

矛盾したメッセージ

伝えられた時のものですよ。

 

この割合から、

「7-38-55のルール」ともいわれ、

 

また、「言語情報=Verbal」、

「聴覚情報=Vocal」、

「視覚情報=Visual」の

 

頭文字を取って

「3Vの法則」ともいわれています。

 

このように数字化することで、

コミュニケーションをとる際の

3要素の影響力が明確化かされ、

 

独り歩きをしていったこともあり、

 

もっとも重要なのは見た目とか

話の内容よりも、

テクニックの方が重要であるという

捉え方が有力視されるようになってしまいました。

 

しかし、メラビアンが唱えている本質は、

伝えるメッセージと表情や声のトーンなどに

矛盾が生じたときに限定されるので、

 

全てのコミュニケーションにおいて、

この数字が適応できるわけではないということは、

常に意識しておきたい点ではあります。

 

よくある誤解として

この法則から、「見た目が一番重要」、

または「話の内容よりもしゃべり方の

テクニックが重要」という結論が、

導き出されるという誤解が有名となっています。

 

就職活動の面接対応セミナーや

営業研修セミナー、

自己啓発本、話し方セミナーなどで、

 

この解釈が

よく用いられていることが多いのですが、

これは誤りです。

 

この実験では、あくまでも

「好意・反感などの態度や

感情のコミュニケーション」において

 

「話し手がどちらとも取れる

メッセージを送った」場合、

 

「聞き手が声の調子や

態度や表情を重視する」

ということを言っているに

過ぎないと言います。

 

そのため、ただ単に事実のみを

伝えたり、あるいは要望したりする

コミュニケーションの場合には

触れられておらず、

 

コミュニケーション全体において

この法則が適用されるというような

解釈は、メラビアン本人が

提唱したものとは全く異なるので、

注意が必要だということです。

 

ビジネスへの応用

メラビアンの法則で言われる

コミュニケーションにおける情報の比率を見ると、

果たして、伝えるメッセージが7%というのは、

適切であるかどうかは、疑問ですね。

 

この数字を見て、

非言語情報が93%もあるというのは、

言い過ぎだと言えるかもしれません。

 

根拠があいまいだとか、

メラビアンの唱える解釈とは

異なり、誤解であるなどと、

言われるかもしれません。

 

しかし、数字は極端ですが、

言語情報以外の情報は、

コミュニケーションにおいて、

非常に重要であることは言うまでもないことです。

 

例えば、見た目や、言葉の強弱やトーンなど、

相手に与える影響は、非常に大きいと言えます。

 

 

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3

相手の人が、見すぼらしい身なりをしている場合と、

スーツでネクタイに革靴という出で立ちとでは、

どちらの話をまともに聞こうとするでしょうか。

 

また、態度にしても、横柄な態度をとる場合と、

謙虚に相手を思いやる態度の場合とではどうでしょう。

mensetsu_taido mensetsu_hitori_man

 

言語情報以外の情報は非常に重要だということを、

改めて考えさせられるのではないでしょうか。

 

ビジネスにおいて、

言葉にしにくいこともあると思います。

 

 

例えば、部下が作業報告をするときに、

自信のなさそうな態度や声に張りがないときなど、

言葉では、あたかも順調であるかのように言いますが、

business_group_shock

その言葉以外はどうもおかしいと思えるとき、

言外の意を察することが必要です。

 

態度に対して、気になるようなことがあれば、

もっと深く掘り下げて、問うことも必要になります。

 

上下関係においては、

特に言外の意を察知することは、

必須の内容となり得ますね。

 

 

ネットビジネスへの応用

 

ネットビジネスに応用するとしたら、

サイトにおいては、デザインや、

見やすさなどに重点を置き、

 

ブランディングイメージも説得力を

増す要因になります。

 

z%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87
Zの法則

 

f%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87
Fの法則

 

 

Zの法則のような広告では当たり前の

手法ですが、Webサイトでは、

Fの法則というのもあります。

 

見る人の目の動きを意識した、

情報の配置をするレイアウトをしたり、

sozai_41979

動画であれば、BGMを挿入して、

イメージをふくらませたり、

画像を表示したり、

アニメーションの効果を利用する。

microphone3_businessman

話すときにも、強弱をつけたり、

トーンを意識したりすることも重要です。

 

このように、メラビアンの法則は、

誤解されていると言われていますが、

全く当てはまらないということでもありません。

 

勿論、言語情報も非常に重要ですが、

 

その見せ方も重要だということです。

 

 

如何でしたか、

 

今回は、「メラビアンの法則で言外の意を知ろう」について

【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お届けいたしました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。