この記事は536秒で読み終わります。

こんにちは、

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「アマからプロまで無料のテキストエディタ『Notepad++』について

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お話しします。

 

アマからプロまで無料のテキストエディタ「Notopad++」

Notepad++について

テキストエディタは有料のものから無料のものまで、

沢山ありますが、

 

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

このNotepad++(ノートバッド・プラス・プラス)は、

無料のエディタで、ここまでの機能が使えるのは、

他に類を見ないと言ってもいいくらいです。

 

初心者から上級者まで、使いこなせば、

便利なツールとなりますよ。

 

テキストエディタをなぜ使うのか

テキストエディタをなぜ使うかというと、

動作が軽快で、文字入力に特化した作業であれば、

実に使い勝手がいいと言えます。

 

文字入力ならワープロソフトでいいじゃないか!?

 

と言われるかもしれませんが、

ワープロソフト程の機能を必要としない、

記事の作成やHTMLのコード作成などは、

 

ワープロソフトを使うとかえって、

重たくなり、使い勝手が悪くなります。

 

その点、テキストエディタは文字通り、

テキストの文書やプログラムコードの作成編集に

重点を置いて作られているので、

 

軽快に作業できます。

notepad01

私も、メルマガの記事を書くときは、

このNotepd++を愛用しています。

 

 

Notepad++の豊富な機能

文字の検索や文字の変更を簡単に置換できる

検索ウイザード機能

 

1行に何文字打ち込んだのかが瞬時にわかる

カラムの表示機能や、

 

ウインドウを閉じても、次に実行したときには、

閉じた状態を再現するメモリ機能

 

文書全体のどの位置にあるかを

すぐに確認できる文書マップ機能

 

複数文書を同一のウインドウに表示して、

切り替えることができるタブ表示機能

 

編集する文書の拡張子で、

意味のある文字列を色分け表示する機能

 

作成した記事がどのくらいの文字数なのかを

計算する文字数カウント機能

 

文書と文書の異なる部分の比較をする

Compare機能

 

自分に合った使い方の環境にできる、

カスタマイズ機能

 

簡単に文字セット(Shift-JISやUTF-8、BOTないなど)

が簡単に変更できる、エンコード機能

 

まだまだ、沢山の機能が無料で使える、

痒い所に手が届くお薦めのテキストエディタです。

 

Notepad++のインストール方法

本家の公式ホームページNotepad++を表示します。

Googleで検索してもいいですよ。

hp01

バナー「download」をクリックし、

ダウンロードページを表示します。

OSが32bit版の場合は下記画像の「DOWNLOAD」ボタンをクリックします。

hp02

OSが64bit版の場合は下記画像のリンク箇所

「Notepad++ Installer 64-bit x64」をクリックします。

hp03

この記事を書いているときの最新バージョンは

2016年11月02日にリリースされた7.2なので、

ファイル名は、32bit版は「npp.7.2.installer.exe」で、

64bit版は「npp.7.2.installer.x64.exe」となっています。

 

64bit版はまだプラグインが殆ど移植されていない事もあり、

拘りのない場合は、32bit版をお勧めします。

 

 

以下のウインドウでOKボタンを押します。

install01

以下のウインドウで「次へ(N)>」を押します。

install02

ライセンス契約書を読んで、「同意する(A)」を押します。

install03

インストール先を指定して「次へ(N)>」を押します。

install04

コンポーネントを選びますが、デフォルトのままでOKなので、

このまま「次へ(N)>」を押します。

install05

ここでも特に選ばなくても構わないので、

このまま「インストール」を押します。

install06

あっという間にインストールが完了しますので、

「完了(F)」ボタンを押してNotepad++を実行します。

install07

 

Notepad++の簡単な使い方

使用するテーマの設定

私は、デフォルトだと白がベースになっているので、

目が疲れることもあり、黒を基調とした「Deep Black」を設定しています。

メニューの「設定」→「テーマ設定」でテーマ設定ウイザードを表示して、

好きなスタイルを選んでください。

%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b901

 

文書マップの表示

長文になったときに全体のどの位置か

瞬時にわかる文書マップを表示します。

メニューの「表示」→「文書マップ」で表示できますよ。

%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b902

 

検索ウイザードの使い方

文字列を検索したり、

違う文字に置き換えたりする場合に使いますが、

 

誤り変換してしまった文字を検索しながら、

置き換える場合に便利な機能ですね。

 

メニューの「検索(S)」→「検索(F)」を選択します。

%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b903

 

検索ウイザードが表示されるので、

検索したい文字列を入力し、ボタン「次を検索」を押して、

検索を実行します。

 

検索されると文字列部分がハイライト表示されて、

カーソルが移動します。

 

カラムの表示ルーラー機能

カラム位置を表示するルーラーを表示します。

メニューの「プラグイン」→「Notepad++ Horizontal Ruler plugin」→

「Ruler Toggle」を選択すると、上部にルーラーが表示され、

カーソルの位置がどのカラムにあるかわかるようになります。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

 

文字数カウント機能

計算したい文字を範囲指定しておきます。

メニューの「TextFX」→「TextFX Tools」→「Word Count」を

選択すると、以下のウインドウが表示されます。

word-count

「UTF-8Characters:(文字数)」のところが、

文字数となります。

 

簡単ではありますが、

以上が、基本的なよく使うであろうと思われる機能を

ご紹介しました。

 

如何でしたか、

 

今回は、「アマからプロまで無料のテキストエディタ『Notepad++』」について

【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お届けいたしました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。