この記事は638秒で読み終わります。

こんにちは、

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「購買行動モデルDECAX」について

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お話しします。

 

購買行動モデルDECAX

DECAXとは

AIDMAの法則AISASの法則AISCEASの法則

時代の変化と共に購買プロセスも変化してきたわけですが、

 

他にも、沢山の派生形が提唱されてきています。

 

そして、2015年電通で新たに提唱された購買行動プロセスが

このDECAXの法則です。

 

 

これは、デキャックスと読み、

コンテンツマーケティングに対応した、

購買行動モデルだそうです。

 

decax%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

 

D: Discovery(発見)

E: Engaged(関係)

C: Check(確認)

A: Action(購買)

X: eXperience(体験と共有)

 

コンテンツ・マネージメントの販売手法が

主流となってきた今日、

この時代に合った消費者の購買行動モデルは、

 

従来のサービスを提供していた側が、

広告を発信して、注意を引くプッシュ型のプロセスが、

 

消費者が自分の興味のあるコンテンツを発見する

プル型のプロセスに変化してきたというのが

特徴として挙げられています。

 

検索することによって、発見することはもちろんですが、

偶然コンテンツを発見することもあります。

 

また、WEBサービスの推薦する機能によって、

あたかも発見したかのように

思い込ませる手法も含まれています。

 

DECAXの流れの説明

 

 D: Discovery(発見)

コンテンツを発見(Discovery)したとき、

その瞬間にブランドと、消費者の関係性が

構築されるシステムが発動します。

531276

 E: Engaged(関係)

商品の解説記事や、ブランドの認識を深める目的として、

動画を見て楽しむ中で、消費者はブランドに対して、

関係(Engaged)を築き上げ、

より親密さや信頼感をはぐくむようになるわけです。

 

優秀なコンテンツほど、強い印象を持たせられるわけですね。

engaged

 

 C: Check(確認)

そしてコンテンツに訪れた消費者は、

それが本当なのか、間違ったことを言っていないか、

信憑性を確かめるためにも確認(Check)をします。

check

広告宣伝であることを偽り、まるで客観的な情報であるかのごとく、

作られたコンテンツは「ステルスマーケティング」と言われて、

批判される対象にもなってしまうので、

注意が必要です。

 

 A: Action(購買)

確認によって、

そのコンテンツが信頼できるものであると、判断されたとき、

消費者は購買行動(Action)のプロセスに移ります。

action

 X: eXperience(体験と共有)

近年の商品やサービスでは、

購入したあと、ブランドとの関係が途切れることがありません。

engaged

体験と共有(eXperience)というプロセスが待ち構えています。

 

商品の利用方法や、効果的な使い方、

体験談など、ノウハウ記事を読んだり、

より具体的な使用方法の動画を見たり、

 

あるいは、他の利用者による、

その商品のレビュー記事や動画を

検索したりして、関係が長く続きます。

 

購入のアフターケアや消費者同士の

コミュニティなどでの交流を含めて、

すべて購買行動と言えるものです。

 

このような、購入後に体験できるコンテンツが

優れていればいるほど、

クロスセルやアップセルのチャンスにもなるわけですね。

 

そして、さらには既存の顧客が

共有・拡散した情報が、

新たな顧客の発掘にもつながるという仕組みです。

 

読者に有益なコンテンツであればあるほど、

検索エンジンで評価を高くしてもらえたり、

SNSで読者自ら拡散してもらえたり、

 

そうされることによって、

多くの消費者から発見される機会が

多くなりますよね。

 

 

関係構築プロセスや、確認プロセスの段階で

多くの消費者から高い評価を得られ、

 

行動や体験と共有のプロセスへ進む確率が、

高まるはずです。

 

そこで、コンテンツマーケティングが

より効果的に注目されるための背景として、

 

より読者に価値ある情報を提供して、

より深い関係性を構築できるであろう期待があるわけです。

 

これからのネットビジネスでは、

このDECAXを意識した、

コンテンツマーケティングを構築することに

フォーカスしていくことが、

最重要課題となりますね。

 

具体的な具体例として

1.ダイエットに悩んでいるお父さんが、

いつも見ているニュースサイトで記事を読んでいると・・・

lgi01d201404170200

2.偶然にも表示されていたお薦めの記事

(コンテンツレコメンデーションプラットフォームが

提供するネイティブ広告)の中で、

ダイエットに効果的な商品開発をする企業の

記事を発見(Discovery)した。

diet

3.その企業の(お父さんにとって有益な)

コンテンツを何度も見ることにより、

お父さんと企業は深い関係(Engaged)を構築していく。

figure_shakehands

4.ある程度の深い関係性が持たれると、

お父さんはその企業のダイエット薬について

細かく確認(Check)するようになる。

587164

5.お父さんがこの商品は間違いなく、

効果があるものであると思えば購入(Action)します。

action01

6.その商品を体験し共有(eXperience)するために、

自分の意見や感想をSNSやクチコミ記事として掲載します。

026087

ここで、6番目の体験し共有するとは、

ただ単に、意見や感想を記事にして終わるわけではありません。

 

企業のアフターケアや、

消費者同士のコミュニティで、

関係性が持続され、

 

それにより、クロスセルやアップセルが

見込めるという考え方です。

 

貴方はどうですか?

気に入った商品を購入するプロセスが、

DECAXのモデルに合致していることはないですか?

 

私自身、トレーニングジムに行っていますが、

サービスを受けていて、

利用者同士の話や、サイトのクチコミなど、

 

関係性が持続するように、

自然となっている気がします。

 

まさしくDECAXで説明される通りと

なっていることに驚かされます。

 

 

如何でしたでしょうか、

 

今回は、「購買行動モデルDECAX」について

【SE小規模社長給料年収簡単】山本が、

お届けいたしました。

 

次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。