この記事は545秒で読み終わります。

こんにちは、

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「購買行動モデルAISCEASの法則」について

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お話しします。

 

購買行動モデルAISCEASの法則

AISCEASの法則とは

消費者の購買行動モデルを

他の記事でもお話ししていますが、

 

AIDMAの法則からAISASの法則へと

時代の移り変わりとともに消費者の行動プロセスも変わり、

 

インターネットの普及で、より多様化するようになりました。

 

また、インターネットの使用自体も変化しているので、

それに沿った行動プロセスも加味していかなければ、

モデル化できないという事実もあります。

 

2004年頃、宣伝会議2005年5月1日号に掲載された、

アンヴィコミュニケーションズの望野和美氏が

提唱したのがAISEASです。

 

呼び方は、提唱者によるとアイセアス(愛せ明日)、

あるいはアイシーズと読まれます。

aisceas

A: Attention(注意)

I: Interest(興味)

S: Search(検索)

C: Comarison(比較)

E: Examinetion(検討)

A: Action(購買)

S: Share(情報共有)

 

AIDMAの法則が一般的だったのに対して、

インターネット時代に合った、

行動プロセスが必要になり、

 

AISASの法則が電通により提唱されました。

 

しかし、このAISASの法則ではインターネットが普及して、

様々な利用方法が開発されている中で、

消費者の行動プロセスも多様化してきているので、

全ての行動を説明できなくなってきました。

 

そこで、AISASの法則に追加されたプロセスが、

「Comparison(比較)」と「Examination(検討)」です。

 

従来から提唱されていた購買行動プロセスの

AIDMAの法則は消費者の心理・気持ちについて

説明するモデルであるといわれ、

 

その一方、AISASの法則は実際の行動を説明する

モデルであると捉えられています。

 

AISCEASの流れの説明

AISASの法則でも説明している内容と重複するところもありますが、

一連の流れの説明なので、記述させていただきます。

 

 Attention(注意)

消費者は、マス広告の新聞・テレビ・ラジオ・雑誌などから

商品やサービスが存在していることを認識します。

family_tv01

 

 Interest(興味)

その商品が自分にとって必要なもの、

関係するものとして興味や関心を抱きます。

478797

 

 Search(検索)

その商品の情報を検索エンジンで検索し

収集します。

ebc2eebd010b12e6d93a5305c081475a_s

 

 Comparison(比較)

インターネット上のサイトで、

他の販売店や他の類似商品を比較します。

hikaku_board_man

 

 Examination(検討)

商品の性能や使い勝手など、口コミやレビュー記事などを参考に検討します。

411198

 

 Action(行動)

販売店へ行ったり、通信販売で購入するという

行動を起こします。

a8cda23425e592504484de452bbad5b4_s

 

 Share(情報共有)

商品に対するレビューやクチコミを

感想として、SNSや通信販売サイトの商品レビュー欄や

クチコミ欄に投稿して情報を共有します。

 

20160325224303

 

貴方は、どうでしょうか?

クチコミやレビューの記事を参考に

商品を検討していませんか?

 

私も、口コミやレビュー記事を参考に

商品選びをすることがあります。

 

良い商品に越したことはないので、

慎重ですよね。

 

しかし、最近では口コミやレビューも

サクラのような記事もあるというので、

信憑性が問われるようになっています。

 

あまり、うのみにしすぎるのも、

如何なものかと考えてしまいますね。

 

AISCEASの法則の例外

AISASの法則でも例外をお話ししましたが、

 

このAISCEASの法則についても、

従来の法則と同じように、

すべての消費者行動について

説明できるモデルとは言えません。

 

 

おにぎりやサンドイッチ、ドリンクなどのような、

少額の商品やサービスなどは、

購入がたとえ失敗であったとしても、

個人の経済状況に対してはほとんど影響がないので、

 

消費者は購入前に検索・比較・検討をしたり、

情報共有することは殆どないと思われます。

 

機能価値の高い商品やサービスに特化した、

購買行動だと言われています。

 

たしかに言われてみれば、そうですよね。

 

おにぎりや、ドリンク・サンドウィッチなどの

少額商品などは、事前に検索・比較・検討などしません。

 

気になる商品があれば、購入前に調べてみることは、

ごくたまにありますが、そう頻繁にインターネットで

検索してまで調べることなどしていません。

 

余程、高額な商品やサービスか、

今はやりの商品サービスなどでない限り、

お店に行って、その場で、選んで購入してしまいます。

 

貴方はどうですか?

 

 

如何でしたでしょうか、

 

今回は、「購買行動モデルAISCEASの法則」について

【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お届けいたしました。

 

また次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。