こんにちは、

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「プロに人気のテキストエディタ『秀丸』」について

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が

お話しします。

 

 

プロに人気のテキストエディタ「秀丸」

秀丸エディタとは

20年以上前に開発されて以来、

往年の人気を誇るテキストエディタです。

 

私も、18年以上愛着があり使っているエディタです。

 

最初は、OS/2というOSで開発されて、

その後、Microsoft Windowsに移植され、

現在に至ります。

 

無料でも使えますが、定期的にメッセージが出てきますので、

煩わしいと感じたら、シェアウエアなので、

4,000円(税別)を支払えば、

メッセージが表示されなくなりますよ。

 

この金額さえ払えば、ずっと使えますので、

もし気に入ったら、払ってあげてださいね。

 

といっても、それほど使う機会がなければ、

無料のままで全く問題ありません。

 

日本人が開発しているので、

気持ちが通じるというか、

伝統文化が一緒なので、

違和感を感じることなく使えます。

 

機能が豊富

長年にわたって愛されているところからも伺えますが、

兎に角、痒い所に手が届く便利なエディタですよ。

 

 エンコードの変換

 矩形選択

 マクロ機能

 文字数カウント

 巨大なファイル処理にも対応

 カスタマイズ機能が豊富

 縦書き・段組み編集

 プラグインによる拡張機能

 ファイルの比較

 画面分割編集

 複数ファイル間文字検索grep

 強調表示

 タブモードで表示

等々

 

様々な機能が豊富にそろっています。

 

秀丸エディタのインストール方法

下記の公式ホームページからご自分の使っているPC(Windows版のみ)

に対応したファイルをダウンロードしてください。

秀丸エディタ

 

2016.11.8現在

32bit版は下記のところからダウンロードします。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab01

64bit版は上記画面の「64bit版はこちら」のリンクをクリックして、

下記画面を表示して、最新版をダウンロードしてください。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab02

 

ダウンロードできたら、ファイルを実行してください。

画像は64bit版を実行して時のものです。

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab03

「はい」ボタンをクリックします。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab04簡単インストール(S)」を選択し、

「次へ」ボタンを押して進みます。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab05

インストールが完了します。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab05

「OK」ボタンを押して、インストール終了します。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab07

 

スタートボタンを押して、秀丸エディタを起動します。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab08

 

 

よく使う機能の紹介

 エンコードの変換

エンコードの変換も簡単にできますよ。

テンプレートを編集する場合などは、

 

「UTF-8のBOMなしで」などといわれます。

そんな時は、秀丸エディタの出番です。

メニューから「ファイル」→「エンコードの種類(D)」→「Unicode(UTF-8)」で、

BOMのチェックを外してやれば、OKです。

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89

 

 矩形選択

選択してコピーをする場合、

通常は行単位でコピーしますが、

矩形で範囲指定もできます。

 

矩形選択したい場所の右上にカーソルを置き

F2キーを押すと矩形選択開始となります。

 

矢印キーで矩形の終わりまで移動させると、

範囲指定できますので、

 

マウスの右ボタンを押して、

メニューのコピーを選択すると、

クリップボードにコピー完了です。

%e7%9f%a9%e5%bd%a2%e9%81%b8%e6%8a%9e1

 

貼り付けたい場所へカーソルを移動します。

 

%e7%9f%a9%e5%bd%a2%e9%81%b8%e6%8a%9e2-0

貼り付けます。

マウスの右ボタンでメニューを表示してもいいですし、

ショートカットキーのCtrl+vでもいいです。

%e7%9f%a9%e5%bd%a2%e9%81%b8%e6%8a%9e2

このように矩形選択したものが、張り付けることができます。

 

 マクロ機能

マクロ機能とは、開始から終了までの編集操作を記録し、

再生で、同じ編集操作を再現するという機能です。

 

いろいろなマクロを登録して、

処理に合わせて、作業を自動で行い

時間を極端に短縮できるというものです。

 

同じ作業のものであれば、

全部自動で行い、あっという間に完了してしまいます。

 

例えば、テキストの中の

異なる文字を検索して変更したいとき、

 

最初の文字を検索して、変更し、

次の文字を検索して、変更するという

編集操作をマクロ化します。

 

下記の画像ですと、「第」と「版」の文字を

それぞれ「大」と「藩」に変更したいとします。

記録開始

メニューのマクロからでもいいですが、

ファンクションキーに割り当てられているので、

「Shift+F1」を押してマクロ記録開始します。

 

処理開始

ショートカットキー「Ctrl+f」で検索のダイアログボックスを表示します。

検索文字を「第」としてボタン「下検索(N)F3」を押します。

 

%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad03

検索した文字をDelキーで削除し「大」を挿入します。

%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad04

次に「版」も同じように検索のダイアログボックスで検索し、

「藩」に修正変更します。

そして、「Shift+F1」を押して、記録終了します。

 

マクロの再生

 

「Shift+F2」を押してみてください。

押した数だけ、変更が行われます。

%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad05

 

 文字数カウント

範囲指定した文字の数をカウントできます。

通常は、メニューにないので、

メニューに設定してから、使えるようになります。

 

メニューの設定

メニューの「その他」→「メニュー編集(M)…」を選択します。

%e6%96%87%e5%ad%97%e6%95%b0%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%8801

メニュー編集のダイアログボックスが表示されますので、

左側の「メニュー(M)」内にある「表示」をクリックします。

右側の「メニュー内のコマンド(C)」の下方にスクロールして、

「文字数計算」にチェックを入れ「OK」を押します。

%e6%96%87%e5%ad%97%e6%95%b0%e8%a8%88%e7%ae%9702

 

文字数の計算

テキスト内の「賢威7.0」を範囲選択します。

%e6%96%87%e5%ad%97%e6%95%b0%e8%a8%88%e7%ae%9703

メニューの「表示」→「文字数計算」を選択します。

%e6%96%87%e5%ad%97%e6%95%b0%e8%a8%88%e7%ae%9704

全角文字を2文字として計算した時は文字数は「7」ですが、

%e6%96%87%e5%ad%97%e6%95%b0%e8%a8%88%e7%ae%9705

全角文字を「1文字」にチェックした場合、

文字数は「5」となります。

 

%e6%96%87%e5%ad%97%e6%95%b0%e8%a8%88%e7%ae%9706

 

 

 ファイルの比較

バージョン管理しているときに、

修正を加えて、どこをどのように変更したのか、

後で、確認するときなどに便利な機能ですが、

全く同じファイルを用意し、

カタカタとひらがなが違う部分を作りました。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%8302

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%8301

比較するときの注意点として、

カーソル位置が両方のファイルで一致していることです。

なので、一番先頭にカーソルを移動しておきます。

 

メニューの「ウインドウ」→「他の秀丸エディタと内容比較(F)…」を選択します。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%8303

 

比較先の指定ダイアログボックスが表示されるので、

比較するファイルを選択し、「指定」ボタンを押します。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%8304

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%8306

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%8305

 

 画面分割編集

ボリュームの大きい一つのファイル内で、

上部の内容を下部の修正時に参考にしながら、

修正がしたいときなど、役立ちます。

メニューの「ウインドウ(W)」→「ウインドウ分割上下(D)」を選択します。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6%e5%88%86%e5%89%b201

 

編集画面が上下に分割されます。

上下それぞれにスクロールができますので、

好きな位置を表示しながら、修正が可能です。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6%e5%88%86%e5%89%b202

 

 複数ファイル間文字検索grep

これは、UNIXやLinuxのOSを使った事のある方なら、

ご存知かもしれませんが、複数ファイル内の

指定した文字列を検索する機能です。

 

賢威のファイルを検索してみる

ファイル「404.php」を秀丸エディタで開きます。

メニューの「検索(S)」→「grepの実行(G)…」を選択します。

 

例えば、検索する文字列(S)に「social」と入力し

検索するファイル(N)に「*」(全ファイル対象)とします。

※この指定方法はワイルドカードと言って、「*」がすべてを含むという意味です。

「a*」としたときは、「aaaa.txt」などの一文字目が「a」のファイル全部が対象になります。

「a*.php」としたときは、「aaaa.php」のように

一文字目が「a」で、最後が「.php」となっているファイル全部を対象とします。

grep02

これで「OK」ボタンを押して実行します。

実行結果が以下のように表示されます。

grep03

 

また、検索結果にファイル名だけを表示する方法は、

ダイアログボックス内の「ファイル名一覧だけ作成(O)」に

チェックを入れて、実行すると以下の結果となります。

grep04

 

 タブモードで表示

通常はタブモードがオフになっているので、

以下のように複数ファイルを開いた場合ウインドウ表示されます。

 

%e3%82%bf%e3%83%96%e8%a1%a8%e7%a4%ba01

 

メニューの「ウインドウ(W)」→「タブモード(B)」を選択すると

%e3%82%bf%e3%83%96%e8%a1%a8%e7%a4%ba03

 

以上が、比較的よく使う機能のご紹介です。

 

如何でしたか、

 

とても機能が豊富で、まだまだ紹介しきれませんが、

 

使ってみると、便利だと思います。

 

今回は、「プロに人気のテキストエディタ「秀丸」」について

【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が

お届けいたしました。

 

また次回も役立つ情報をお届けいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。