こんにちは、

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「寝るためのアラームをセットする」について

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が

お話します。

 

寝るためのアラームをセットする

朝起きるのがつらい

434745

けたたましく、

毎朝、何時もセットしている目覚まし時計が鳴り、

眠い目を細めながら、音のする方へ手を伸ばして、

205495

スヌーズで取りあえずは鳴るのを止め、

 

あと10分だけ、

と言って、また布団に潜り込む、

また、けたたましい目覚ましが鳴り、

眠いけど、仕事のために仕方なく起きる。

 

なんて言う、朝を毎日過ごしていませんか。

この様な煩わしいことは、

本当はしたくないのに、いつも同じことをしてしまっている。

 

目覚めが良くなる方法

237339

こんな悪習慣から逃れたいという時、

もっとも有効な解決策は、

 

前の晩に早く寝ると言う事です。

 

分かっているけど、

なかなかできないでいませんか?

 

速く寝ることを心掛けてはいるけど、

思い通りに行かない。

 

なにかに夢中になってしまっていると、

ついつい時間を忘れて、

何時の間にか時間が過ぎてしまっている。

 

こんなことは年中あると思います。

560211 517324 552235

テレビを見ていたり、

録りためたドラマを面白くて見過ぎてしまう。

 

スマホやタブレットでSNSのチェックをしたり、

パソコンで調べ事をしていて夢中になる。

 

中には、ゲームをして白熱し、興奮してしまう。

 

こんな事をしていると

あっという間に時間が過ぎてしまいますね。

 

気が付くと、

早く寝て、気持ちよく起きて、

いい朝を迎えるという計画が

台無しになってしまったことに気付かされる。

 

夢のまた夢となり、

また、辛い朝を迎えることになる。

 

寝るためのアラーム

Fast Companyの
Laura Vanderkamさんは

sozai_54043

布団に入る時間を教えてくれる

ベッドタイムアラームを

セットすることを勧めています。

 

これは目覚ましのアラームと同じですが、

 

目を覚ますためのアラームではなくて、

555882 sozai_6992

 

布団の中に入り、

本を読んだり、瞑想したり、

寝るための準備をする

 

リラックスするための

時間を知らせてくれるアラームの事なんです。

 

スマホのアラームをセットするなら、

寝るためのアラーム用に

気になるようなメロディーで

 

何時も鳴るようにして身体が自然に

反応するようなメロディーにするのがオススメです。

 

朝起きる時のけたたましいアラームではなくて、

爽やかな優しいメロディーで

寝る時間だと教えてくれるのがいいです。

 

そして、そのメロディーを聞いた時に

 

次の日の朝に目が覚めた時、

自然とスッキリ目が覚めて

爽やかな朝を迎えることが出来、

 

どれだけ気分がいいか想像できるようになると最高です。

sozai_47673

香りのいい美味しいコーヒーを飲んで、

仕事場の戦場へと向かう前に、

 

ひと時の安らかな時間を過ごす。

 

そんな想像が出来ればより効果的です。

 

 

私も、やっていますが、

今では、アラームが鳴ると自然と布団に

入らなければという感覚になります。

 

布団に入っていない状態が不自然に

感じるようになりました。

 

夜8時45分にセットしてあり、

余程の事がない限り、

鳴ると寝室に向かってます。

 

そして、布団に入り本を読んだり、

一日を振り返ったり、

明日の予定を見直したり

瞑想したり、寝る前の準備に入ります。

 

準備の後は、さあ寝ようと横になると、

以前は、何度も寝返りをしたり、

暫くしないと寝られないでいたのが、

 

横になると、暫くすると

深い眠りに入っています。

 

次の日の朝は、決まって同じ時間に目が覚めて、

爽やかな朝を迎えています。

 

お陰で、今は、朝のアラームをセットしなくても

自然と起きられるようになりました。

 

寝る前の瞑想も効果があるようですね。

 

規則正しい生活はルーティーンワークにもなり、

成功するための大切な行動パターンだとも言えます。

 

是非、寝るためのアラームをセットして、

十分な良い睡眠をとり、

翌日の仕事をより良くこなして、

 

成功へのステップにしましょう。

 

如何でしたか、

 

今回は、「寝るためのアラームをセットする」について

【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が

お届けしました。

 

次回も役立つ情報をお届けします。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。