こんにちは

【SE小規模社長給料年収簡単】の

山本です。

今回は、「収入の増加を邪魔する7つの悪癖」について

私、【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が

お話します。

 

収入の増加を邪魔する7つの悪癖

あなたは、自分の収入が増加した方がいいと思っていますか?

だれでも、収入は増えないよりも

増えた方がいいと思っている人が

殆どだと思います。

 

 

大体の人は、出費を抑えて、

貯蓄をすることが、

個人資産が増やするものだと

考えていると思います。

 

その作戦だと収入額が変わるごとに、

僅かながらのものでしかないと言えるのではないでしょうか。

 

他のことがすべて同じという条件ならば、

収入さえ増やすことが出来たら、

生活は今よりずっと楽になるはずですね。

 

多くの人は、このことに気付いているのですが、

ある原理を見ないふりをして、

収入すら増やす可能性を抹消してしまっている。

 

そんな人があまりにも多くいすぎます。

 

その例に、貴方の収入の額を頑固にも

特定してしまう、7つの悪い癖、悪癖を

ここで、紹介することにします。

 

1.掛け合わない

あらゆることにおいて、掛け合う事は可能です。

交渉したから必ず望みがかなうと言う訳ではありませんが、

 

望んでいることを表現しなければ、

満足しているものと思われて、

手にいるれる事さえできないのは間違いありません。

 

Print

報酬の交渉一つとっても、

多くの従業員に提示される、

最初の額は、オーナーが払っても構わないと

思う額の上限ではありません。

 

もし、自身のスキルやキャリアーに

自信があり、価値を知っていたなら、

もっと報酬を上げてほしいと願ったとしても、

決して悪い事ではありません。

 

そうしたとしても、最悪の事態を想定しても

雇う側がダメだと言って、代替案を示すくらいです。

 

それすらも、掛け合ってみなければ

得られなかったものにまります。

 

そこで、今後、覚えておいてほしい事は

最初の交渉は快諾してはいけない、

せめて「もう少し何とかなりませんか」くらいの

事は言うべきです。

 

2.自分に投資することをしない

貴方自身がまぎれもない、貴方が持っている最も大きな資産です。

 

株式投資、不動産投資、

他にも物質的な投資もいいかもしれませんが、

 

最も優れた投資は自分に対して投資することですよ。

 

貴方自身が、お金を稼がなければいけないという

機能的役割があり、

あなたの人生というものを

あなた自身が選択する立場にあると言う事ですから。

benkyoukai_kunrenkou

今持っている以上の知識や経験を身に付け、

健康管理に留意し、キャリアーを磨くことで、

 

自分自身の武器になり、これからの雇用者は

あなたの価値を高く評価するはずです。

 

そうなることで、貴方は今よりもっと重要な

判断を任され、究極は、よりたくさんの

収入が得られるようになると言う事です。

 

3.物を見る範囲が極端に狭い

なにか投資を考えているなら、

その幅を広くするべきです。

 

多くの人は社内で出世の道を上ることを

望んで、仕事場でせっせと働くか、

150317kikuno

もしくは、自分が新規スタートした会社に

持ち金全部を投資したりします。

 

それはそれで、素晴らしい事ですが、

 

一方では、視野が狭いと長期にわたって、

収入を増やす能力が阻まれる可能性があると言います。

 

1つだけの収入源に頼り過ぎずに、

複数の収入源を確保し、ヘッジを掛けておく方が、

作戦としてはより安心です。

illust3479

いつ自分の仕事やキャリアが行き詰るとも限りません。

 

賃貸物件やサイドビジネスがあれば、

万が一の備えになり、

破滅的な事象が起きても破産することはありません。

 

4.今の状態に満足する

自分で定めた道を歩み始めてから、

2、3年もすると、熱い心や

 

モチベーションを無くしていることに

はっとすることがあるかもしれません。

 

今置かれている環境や、仕事、

組織の中に置かれている自分に

満足していると思います。

 

多くの方面において言えることとして、

今の状態に満足していると惰性になって、

注意が行き届かなくなることがあります。

200904081843222bc

仕事に対して、以前に比べると、

時間も労力も費やさなくなり、

組織にとっては役に立たない人となってしまいます。

 

または、給料に満足して知識やスキルが

増したとしても、昇給を願い求めなくなります。

 

自分が燃え尽き症候群となっていると感じたら、

早期の対策を打つべきで、治療もお勧めします。

 

5.期待された以上のことをしない

成功するためには、

ゴールを設定することが大事です。

 

しかし、その効果は限度があります。

 

例を挙げると、

マラソン選手が42.195キロを完走する

感動的シーンを思い浮かべてください。

 

とてもはっきりとした距離ですが、

43キロか44キロにゴールを設定していたら、

 

殆どの選手は42.195キロをいとも簡単に

走破できると思うのに、なぜしないのでしょう。

 

それでも、みな

42.195キロで走るのをやめてしまいます。

 

それが目標なのですから。

 

言いたいことは、

目標はどんな時でも

高めに設定することだと言う事です。

%e5%90%91%e4%b8%8a%e5%bf%83

教養、能力開発、地位、報酬など、

設定した目標は最低でも成し遂げなければならない

課題であると、暗示を掛けることが出来る筈です。

 

6.行き過ぎた忠誠心

殆どの人は、最低1つの地位に

長くとどまっていたいと思っていますが、

 

その理由は価値の問題ではなくて、

忠誠心によるものなんです。

 

今の仕事にこれ以上の発展はないと

知りながら、組織に対する忠誠心を持っているので、

仕事を続けています。

job_seijika_man

気楽な選択で、決して悪い事ではありません。

私自身忠誠心がある人間ですし、

忠誠心のある人物は素晴らしいと思います。

 

しかし、忠誠心のために自分の目標さえ、

見失ってしまうのは、自分のためになりません。

 

7.お金を有効利用しない

リスクヘッジと同じ考え方ですが、

僅かな資金が出来たら、

それを銀行口座に埋もれさせるのはいけないことです。

 

自分のためにも有効利用するべきで、

 

株、債権、信託などに投資し、

受動的な所得を得るようにしてください。

 

または、もっと学習したりチャンスをものにするためにも、

そのお金を投資するべきです。

 

お金を使ったとしても、より一層沢山の

お金を得られるからです。

168553

なので、お金を埋もれさせてはいけません。

 

得たお金でまた資産を増やすことが、

蓄財の基本です。

 

お金を稼ぐのはお金が必要なのです。

 

借金返済、生活するための十分なお金を貯める。

組織で、高いポストに登りつめる。

トータル的に金銭的余裕のある立場となる。

 

目標が何処にあろうと、まず、7つの悪い癖を断ち切る事。

 

そうすることで、より高い報酬を得られる方面に

選択肢を向けることが出来たり、

 

収入の高い方面に移るための原動力になり、

このような原理が長期にわたる未来の

経済基盤となることでしょう。

 

 

如何でしたか、

 

今回は、「収入増加を邪魔する7つの悪癖」について

【SE小規模社長給料年収簡単】の山本が、

お話しました。

 

次回も役立つ情報をお届けします。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

貴方の成功を心より願っています。